社長日記

毎朝BSにて朝ドラを見ています。

朝ドラが終わるのが7時45分なので車で出勤している私にはちょうど良いのであります。

朝ドラは、超高視聴率番組なので15分間でも演出や脚本にルールがあって

感動や笑いや涙などがが3分に1回程度おりこむようです。(知らんけど)

毎日視てると印象に残るフレーズはいくつもあって、以前宝塚を舞台にしたシリーズで

「笑顔とあいさつは宝塚の制服や」というフレーズをきいて、

「笑顔とあいさつはコニックスの制服です。」とキャッチフレーズにした事もありました。

今回のスカーレットでも印象に残るフレーズがありました。

何度も窯焼きに失敗し、旦那さん(八郎)に「もうやめろ」と言われ、

主人公が言った言葉が「八さんに足りないのは信じる心や」でした。

「信じる心」は事業を行う時に大変重要な事ではないでしょうか?

事業とは教科書のない世界ですのでいつもうまくいくかどうかわかりません。

そんな時うまくいくと信じてうまくいくように工夫したり改善する事。

たとえいろいろな困難があってもあきらめないでとことこんまでやる。

あきらめる人に絶対にたどりつけないのが「成功」でないでしょうか?

先日今池のシネマテークにて「さよならテレビ」を見てきました。

これは、当社のお客様である東海テレビさんのドキュメンタリー映画です。

内容は、ネタバレになりますので公式サイトで見てください。

びっくりしたのは、テレビ局自身がよくこんな企画考えて、会社がOKをだしたということです。

「すごい」の一言です。

テレビ局さんには、いろいろな側面があり、いろいろな真実があるでしょうが、

これも一つの真実なのでありましょう。

我々も年に一度予算の会議を行う時、案外次に進む重要なパートに

「会社の(ひどい)真実」と「自分の(ひどい)真実」を一斉にポストイットに書いて

読み上げるという事があります。

これは、大半はすぐに直せないので、読み上げるだけであります。

対策は何もしませんが、その後の予算を考えるときにボディブローのように効いてきます。

やはり、真実は直してこそ成長があるのです。

真実に逃げずに何とかしていく。これ大事ですね。

 

長い休みもそろそろ終わりであります。

今日は、ゴルフを終え、会社に来て明日の準備をしております。

暖かくておだやかな年末年始でしたが現場はどうだったのでしょうか?

無事であった事を祈願しております。

本社の床はピカピカでありました。今日の午前にWAXかけたのかなあ?

ありがとうございます。

令和になり2年目でありますが年頭にあたりお伝えしたいことは、

人口減少の日本において、面積増による売り上げ増は厳しいのであります。

苦しくても単価アップによる売り上げ増を目指すという事です。

そのためには、当社のサービスがお客様、またお客様の施設を使うユーザーの方々、

そして働いて下さる社員の皆様、当社を選んで入社してくれる方々の圧倒的な支持と

サービスを通じて、その方々に幸福を提供できるかにかかっております。

また、いかに少ない人数で従来以上のサービスが提供できるかという事にチャレンジする事です。

人手不足で苦しい業界でありますが今年のスローガン

「笑顔で楽しくカッコよく、いつもチャレンジコニックス」で頑張りたいと思います。

皆様のご支援お願いいたします。

9月に更新以来3か月、お久しぶりです。

少し落ち着きました。

その間、起きた重要な出来事は社員面談、アビリンピック全国大会、グループの株主総会でしょうか?

新聞の記事や社内でおきたいろいろも書きたいのですがまずは、アビリンピックから書きます。

今回のアビリンピックは、愛知県で開催され、愛知県大会で金賞、銀賞を獲得した当社社員が出場しました。

通常は、全国大会は各県代表が1名なのですが、開催県ということで2名出場できました。

そこで、何と全国大会で金賞、銀賞のダブル受賞をいたしました。(パチパチ)

2人とも何年もチャレンジした結果であります。

報われて本当に良かった、それが率直な感想です。

当社の障害者雇用率は3.26%(愛知県内)になりました。どうしても、障害のある方を使う事ができない現場

もありますので、この数字は結構難しいのであります。

しかし、障害のある方を雇う事はやっかい事ではない。皆が優しい気持ち、助け合う気持ちが生まれてむしろ

ありがたい事と思ってがんばってきました。まずは、少し結果がでてありがたいです。

来年は、2人は応援にまわると言っております。選手だせるかな?少々心配であります。

いろいろチャレンジしていきたいですね。

 

  今年の1月1日の人口は、増えたのが東京、埼玉、千葉、神奈川と沖縄だけで

軒並み減少のようです。なかでも兵庫は減少数でワースト2位、神戸市が減少数

ワーストの6235人減のようです。

そんな中、人口が増えているのが、隣の明石市のようです。

明石市といえば、「家を燃やしてこい」で有名になった泉市長です。

出直し選挙で圧倒的に得票で再選されました。

泉市長は、11年に初当選して以来、道路、水道などのインフラ投資を削り、

子育て中心の施策に資金を集中したようです。

保育料の第2子から無料化はじめ、子ども食堂や学習支援、保育士の待遇アップに

離婚後の養育支援などなど。第2子、第3子の出生を促し、2年後から、

人口増に転じたようです。

インフラ予算削減に反対していた土木建築業者も住宅地の造成や建築が増え、

市長を応援しているようです。

地域の自治体でも素晴らしい成果があげられるのであります。

我々もいろいろな困難な事をひとのせいにせず、成果を出したいものです。