社長日記

11月10日に日本赤十字の有功会さんより表彰されました。
これは、毎年、少しずつですが寄付している事が評価されたものです。

今回は、なんと名誉副総裁である秋篠宮妃殿下とお茶会にも招待されました。
会場には100名ほどの受賞者がいて、
一緒に写真をとり、お茶を飲んだだけですが、感激しました。

事前にいろいろなしきたりを伝授されました。
そして、その通り行う事で歴史と権威を感じ、感動するのです。
やっぱり、「人は名誉のために死ねる」そんな気になりました。

余談ですが、これで親子4代にわたり、皇族と写真が撮れました。
祖父と父は勲章を受け、
娘は眞子さんと一緒に留学し、
私は、11月10日の集合写真です。
ありがたいことです。

TPPの結論を野田総理は1日先送りしました。
世の中を2分しているこの問題、
やるのであれば、「やるといったらやる」という
不退転の覚悟を示すしかやる方法はないのでしょうか?

識者の意見も2分し、私には、どちらが良いのかさっぱり判りません。
ただ、言える事は、リーダーは強いメッセージが必要という事です。

人口減少し、イタリアの何倍もの借金がある日本。
震災復興にも、ものすごいエネルギーがいります。
円高に対する施策もない今、
何も変化できないリーダーや政党は退場すべきでしょう。
(やるというだけで魂を入れられないリーダーも問題ありですが・・)

とにかく、「強いうちに変革を」です。

先日、ある会社の方に面白い話を聞きました。

「大企業の社員は三遊間のゴロをとらない」です。

その心は、取りに行ってエラーしたらマイナス。
1、2本間をぬかれても会社つぶれない。
勝手に線引きして人のせいにしたほうが楽。
・・・

中小企業はそんな事言っていたらつぶれます。
1本でも間を抜かれてヒット打たれた負けちゃうからです。
ドロドロになっても取りに行きます。

私のような人間でもサラリーマン時代はどちらかと言うと前者でした。
しかし、今は、確実に後者です。
当社で責任ある立場は、後者の人間しかなりません。

相手にヒット打たれたら悔しいけど負けちゃうもんなあ。

前回からほぼ1カ月たちました。
この日誌楽しみにしている人、申し訳ありませんでした。

この間、たくさんの出来事がありました。
10月8,9,10日と中国行きました。
10月13,14日とビルメンヒューマンフェアで新潟に行きました。
10月16日はスカイワードあさひとふれあいの里で地域貢献、自主事業を行いました。
10月22日には愛知県身障者技能競技会が行われ、当社選手が見事銀賞を獲得しました。
その間、営業社員全員と面談を行いました。
そして、今年に入り、900名のスマイル研修を達成しました。
10月29日には東京コニックスの創立40周年の式典を行いました。
また、その日に長女の大学の学園祭も観てきました。
11月3日には、56回目のコニックスの創立記念式典が行われました。
今年もQCは感動的に開催されました。
今年度グループで5件目の指定管理者(継続1件、新規4件)が内定出ました。
11月6日中日がCSで優勝しました。

すべて、ネタになる出来事でしたが、・・・
今日、久しぶりに早起きして書きました。
明日から書くぞ。

医療の世界では、3回飲んではじめて効く薬や
2回注射してはじめて効く予防接種があります。
それらの薬では、1回では効かないし、
10回飲まないと効かない薬は、9回でも効かないのです。

最近、会社でも新規営業に力を入れていますが、
成果の上がらない営業マンたちに共通して言える事は、
「見切り」が早いのです。

1回や2回で「ここはだめ」すぐにあきらめます。
こういう人は、永遠に「人のせい」にして
できない理由を言う人です。
(運が悪い、景気が悪い・・・)

需要は、自分で創りだすものです。
それができない人は、「回数の効能」だけでも
実践されたらどうでしょう?