社長日記

本日、未明、サッカー日本代表は、ベルギーに惜敗しました。
良い試合でした。
途中まで勝てると興奮してました。
ありがとうございます。
すべての試合大健闘でした。
監督が替わる前も替わった後もひどい負けっぷりで本戦では、
全部大敗すると思っていました。
それが、この結果です。
ありがとうございます。
元気と勇気をもらいました。
こんな時いつも思うことは、
成果がでるのは選手(現場)のおかげ。
成果がでないのは、監督(トップ)の責任。
間際の監督交代はやはり重要な決断だったのであります。
そして、やり方しだいで小さくて軽い日本が大きくて重い相手を
格闘技の言っても良いサッカーで相手を圧倒した事は、
まさしく爽快な出来事でした。
これは、会社経営にも通用しますね。
次は4年後ですか?
応援します。日本代表。

社内、社外問わずいたるところで人手不足が言われています。
絶対数が減っているので当たり前ですが、それ以外にも理由があると思っています。
先日、新卒社員の入社説明会で会社の説明をしました。
その時、学生の皆にアルバイトやっていた?と聞いたら皆が手を上げました。
一人にどうやってそのバイト決めたの?と聞いたら「友人の紹介」と答えました。
たぶん、その友人は、良いバイト先だと思ったから紹介したのではないでしょうか?
そうなんです、今、働いている人間から「良い会社」と言われる事は重要なんです。
なかなか人が入社してくれない職場をよくよく見てみると
・不愛想であいさつもしない職場。
・元気がない職場。
・不平不満や悪口だらけの職場。…
だったりする事があります。
また、採用条件なんかも、契約金額から決めていて、同業種、同地区で検索すると、
当社の提示料金が最低だったりする事があります。
働いて下さる人目線で確認して、うまくいってない事を改善する事が重要なのです。
「自分目線、会社目線で物を見て、うまくいってないことを世の中のせいにする」
これだけはやめたいですね。

今日は、コニックス62期の株主総会です。(東京コニックスも)
おかげ様でよい成績を残すことができました。
社員の皆さん、ありがとうございました。
昨年度は良い成績でしたが予断を許さないのは、人手不足です。
我々の主戦力である高齢者の人口は、急激には減っていませんが、
他業種であったり、もともと定年で社外に放出していた所属企業との
争いが激しくなってきました。
お客様も重要ですが、当社で働く社員の「働きがい」や「入社したい会社」の
イメージをつくっていくか重要です。
働いて下さる方あってのコニックスであります。
さて、昨日は、グループ会社のアイビックスの株主総会でした。
もともと、当社の福井支店ですが、当グループよりはるかに大きな会社になっています。
叔父である会長と総会前に雑談をしました。
たくさんの公職や後援会長をして大忙しで尊敬します。
なんでこんなに公職がやってくるか?
それは、「頼まれたら「逃げない事」と誰も手を挙げない時にそっと手を挙げてあげること」だと
言われました。
面倒くさい事は常に逃げ続けてきた私とは大変な違いです。
少し、面倒な事にもチャレンジしますか?

先週の木曜日中京テレビブリヂストンレディースオープンのプロアマに参加しました。

天気もコンデションも良く最高の日でした。
今年は、骨折のため中日クラウンズには欠場し、私にとっては
この春の重要イベントです。
注目の同伴プロですが、権藤可恋プロでした。
まだ若く、私の娘とほぼ同い年です。
全く知らないプロでしたので、最初は、「誰?」という感じでしたが、
過去10回以上参加する中、最大級の楽しいラウンドでした。
まず、スタート時に「私、好調だから頑張ります」と宣言。
こんな明るいプロはまずいません。
アマのみんなも元気がでてきました。(やはり、明るく、元気な感じは大切です。)
そして、彼女は本当に好調でした。
質問には、一生懸命答えてくれました。
あまり楽しかったので決勝ラウンドは、前半だけ同行して応援しました。
そこでなんと可恋ちゃんのお母さん(同じくギャラリーとして応援していた)と仲良しになりました。
今回の中京テレビブリヂストンレディースオープン、天気に恵まれ大人気でした。
また、当社の仕事もきちんとできていたようです。
ありがとうございました。

昨日の日経新聞に「介護保険外サービス併用も」なんて記事が載っていました。
「周辺サービスを充実させ、業者の収益増に道」なんて事も書いてありましたが、
要は、利用者負担が増えるということでありましょう。
減り続ける現役世代に対する対策も打たずに、選挙の票になる老人重視の政策は、
そのうち無理が来るに決まっています。
今大事なことは、人口を増やす政策を一刻も早く取ることではないでしょうか。
フランスでは所得税減税も含め、より高所得者層に有利な子供減税があり、
4人子供がいれば働かなくてもいいくらいの補助がでます。
そこまでやってはじめて出生率が増えるのではないでしょうか。
加計学園やセクハラで国会が空転するなか、重要な外交や労働施策、
また、損得考えずに人口増になるような施策を国会で議論してもらいたいものです。