やっぱ工夫でしょう

2009.10.02

先日、ヤマダ電機やビックカメラが近くにあるにも関わらず、
繁盛している電器屋さんの記事を読みました。

普通なら絶望的な状況で営業しているそのお店の繁盛の理由は、
お客さんの平均年齢にあります。

平均年齢60数才のようです。
電器屋に滅多にいかない彼らにとって重要な事は、
情報であり、アドバイスであり、フォローなのであります。
少しぐらいの高い安いではないのであります。

そのお店の営業担当は、顧客の家の間取りまで憶え、
旅行の時なんかは、犬の世話までするそうです。
定期的な販売促進は、北海道のとれたてジャガイモを一箱、来店者全員に差し上げるそうです。
(当然、優良顧客のみの案内のようですが)

「だめだ」、「だめだ」とダメな理由を探し続ける人にはできないだろうなあ。