好きになった仕事

2009.10.07

私は、仕事に「好きな仕事」はなく、「好きになった仕事」があるのではないかと思っています。
その「好きになる」という要素は、仕事の内容も重要ですが、
誰と働くか、どのように働くかのほうが重要ではないかと思っています。

学校を出て、憧れの中京テレビに入社でき、配属は「技術」でした。
どうしても熱中できず、その年の年末の自己申告では異動希望を出していました。
異動があったのは7年後です。
その時の上司からは好きな部署にしてやると言われ、
「報道」か「編成」を心待ちにして内示を待っていました。
内示がでました。行き先は、
「営業局業務部」・・・・「ガアーーーーーーン」です。
当時社内で1、2を争う不人気部署でした。

八事の本社から栄の営業本部までトボトボトボトボ行きました。

営業本部の自動ドアが開き、
同期の営業マンが「良かったなあ。一緒に頑張ろう」ととんできました。
そこにいたみんなが「よく来た」と拍手してくれました。
部長に挨拶にいくと、すぐに昼食に連れてってくれ、トンカツをご馳走になりました。
「社員食堂ではこんな旨い物食ったことないだろう。
営業に来たら毎日旨い物食えるぞ。厳しい部署だけど頑張ろうな!!!」
と言われました。

営業が大好きになりました。
そこから辞めるまでの7年、はじけました。

私の今の目標は、入社していただけた人が
「仕事」や「会社」が好きになってもらう事です。