変化について考える

2009.10.23

よくこの不況は100年に1度の不況なんて言葉を聞きますが、
よくよく考えてみると、日本にとっては、
「100年に1度の変化」ではないかと思います。

先日NHKのクローズアップ現代で、
需要はあるのに、売上総投下量が下がっている旅館業界でも
元気の良い旅館をいくつか紹介されていました。

一つは、仲居さんゼロでセルフサービスの旅館です。
そのかわり、設備は充実していて、食事は豪華なメニューで食べ放題の飲み放題
それで7800円。平日まで超満員だそうです。
他、女性専用旅館、ペット専用旅館、地元超割引旅館等
お客さんを絞る戦略の成功例が紹介されていました。

こういった成功例を見ても「変化」に対する恐怖心や挑戦心のなさで
多くの旅館はまねもせず、変化もさせず廃業したり、
業績不振の言い訳を言ったりしているのでありましょう。

当社も54年も営業してますが、「変化」しているから
維持できていると実感します。
「変化」に対応できなくなれば残念ながら「去る」しかないでしょう。
「変化」を楽しみましょう。