あっぱれ町工場

2010.05.31

先週、ipadが発売になりました。
当然、新製品好きの私は買いました。
喜んで使っていたら、中国の漢王科技が、そっくりの商品を発表したという記事を見ました。
(なんと中国では、ipadは商標登録されていて、アップルは当面、売らないそうです。)

恐るべきバイタリティです。
いかん負けると思っていたら、昨日バンキシャで大阪の町工場が
電気自動車にチャレンジするルポが放送されていました。
詳しくは、大淀製作所のHPに載っています。

すばらしいチャレンジ精神です。
電気自動車は誰だってつくる事ができるのです。
日本も捨てたものではありません。

人口減少の日本にとって成長の必須要素は、
世界でトップになれる分野の育成だと思います。
そんな分野は、環境、電池、新エネルギー、等々電気自動車もそうです。
是非、官民あげた成長戦略をつくってもらいたいものです。