祝 銅賞

2010.07.24

本日、第32回愛知県障害者技能競技大会が豊川市にて開催されました。
これは、通称「アビリンピック」と呼ばれ、障害者の就業支援の競技会です。

今年から「ビルクリーニング」も種目となり、
運営を愛知ビルメンテナンス協会がまかされました。
障害者支援の担当である私も競技委員としてお手伝いしました。

そこで何と、当社社員が銅賞を獲得しました。(ありがとうございます)
競技の内容は4m四方の部屋のダスタークロス掛け、ゴミ取り、水ぶきモップ、
そして机拭きです。
これを12分で行うのです。
簡単なようですが、決められた様に行う事は、案外難しいのです。

少し知的障害がある彼女ですが、本番にいたるまでは何日も練習しました。
前日も丸一日、当日朝も早朝練習。
やるほうも大変ですが、支援して教えるほうも大変なのであります。
こんなに練習しても、ちょっとしたきっかけで真っ白になってしまう事があります。
当日も、競技場が男性ばかりということで真っ白になりかけました。
運良く、競技が昼からの順番で何とか昼休みで回復。
みんなの応援もあり、りっぱにやりきりました。

その結果、銅賞をいただきました。
わずか12分のために本人をはじめ、たくさんの人間が費やした何十時間は、
すばらしい感動と思いでになりました。
ありがとうございます。

P.S.
金賞をとった方も知的障害のある方でしたが、
「おめでとうございます。全国大会も頑張ってね。」と握手したら、
泣いてしまいました。彼も相当練習し、プレッシャーがあった事でしょう。

人生いたるところに感動ありです。