社員のトラブルは運の問題ですか?

2010.07.30

当グループでは、毎日、ビルメンテナンスの仕事を中心に
何百もの事業所で2000名もの方が働いています。
こんなにたくさんの人が働いていると結構いろいろなトラブルがあります。
先日も、ある現場で、入社した人間が短期間で何人も退職した事で
大変なお叱りを頂戴しました。

今では、この手のトラブルは随分減りましたが、
私が入社した15年前はしょっちゅう起きていました。
もっと情けない出来事で、入社した人間が終業後、
当社の制服を着たまま帰り、お客様の施設に立ち小便しているのを見つかった事もあります。

こんなトラブルがあると会社のみんなは、「運が悪い」
「清掃の仕事にはこんな人間しか入社してくれないからしょうがないと嘆いていました。」

本当にそうでしょうか?

私は違うと思います。
「清掃」という仕事に就くから「いい加減」なのではありません。
「会社」の対応が「いい加減」だから社員に「いい加減」な対応をされるのです。
いい加減な面接、いい加減な教育研修、いい加減な職場の雰囲気、・・・・

人は、給料が安いから「いい加減」な事をするのではありません。
「会社」が「社員」の事を大切にすれば「社員」も「会社」を大切にしてくれるのです。

妙な社員トラブルが起きない会社に早くしたいです。