お年賀について思う

2011.01.07

5日から始まり2日目、順調に挨拶回りをすませています。
お客様も挨拶回りにでていらして、名刺だけも多いのですが、
たまたまお会いできると、ありがたいお言葉を
よく頂戴します。

それは、我々の仕事は、もともとねぎらわれる要素が多いだけでなく、
任務の仕事以外の「笑顔、挨拶、身だしなみ」が板についてきた
現場が増えてきた結果だと一人喜んでいます。

さて、標題のお年賀ですが、私が入社以来、ほとんど手ぶらで
御挨拶に伺っています。
「我々の仕事は汗で返す」という「質実剛健」な社風のせいですが、
ほんとは手ぶらはさびしいのであります。

この数年は年末に卓上カレンダーを作って配っているようですが、
私の机にさえ配給されません。

今回、支店長の一人が、冗談でチョコとガムに私の笑顔の写真を
印刷し、下のような物を作ってくれました。
女子社員ぐらいは、喜んで持っていくかと思いきや
みんな、ワーワー言うだけで持っていきません。

「人気なー」です。(これは、自分せいなのか?、社長という役割のせいなのか?)

まだ余っていますから欲しい人は、ぜひ会社まで来てください。