この3連休もどきにて

2011.02.14

この3連休もどき(私は、土曜は半日出社です。)は、何の予定もなく、
のんびり、ジムに行き、本を読み、DVDを見て過ごしました。

上の子(大一)は、東京。下の子(高一)は、バレエに燃えているので、
全く遊んでくれません。
お互いに、夫婦2人で遊ぶ事には、慣れていないので、
休みになると、「ジムへ行け」だの私を追い出そうとします。
まるでNHKの「てっぱん」で柳沢慎吾が言ったセリフ、
「男は、子供をつくったら要無しじゃ」が身につまされます。

さて、DVDは、「ナイト&デイ」「食べて、祈って、恋をして」「flowers」
「beck」「遠距離恋愛 彼女の決断」「パレード」他たくさん観ましたが、
どうもグッときません。(もう、感受性が鈍ってきたのでしょうか?)
最近、仕事が忙しくて緊張感が高まってきているかもしれません。

本も「つん読」(つんどく)でたくさんたまっていましたが、
久しぶりに1日で読める本に出合いました。
「人口減少時代の大都市経済」でした。
こんな事、書ける人は、ほんとに頭が良いですなあ。
著者は、65才のようですが、30、40代でこれを理解して、
人生を過ごしたら少しは変わるのではないかなあ。

近未来予測のお勧めの書です。