従業員を喜ばせる係代表

2011.04.19

当業界やサービス業の会社の社長には、自分の肩書を
あえて「お客様係代表」なんて書かれている方がいらっしゃいます。
(やっぱりそういう方には、優秀な方が多いですが)

私が、名刺に書くとすると、
「従業員を喜ばせる係代表」であります。(こんな事は書けませんが)
3K(きつい、きけん、きたない)の代表格である当業界で働く方々に
一言で「感動」と言っても、「何いってんの」と返されるのが「オチ」であります。
また、給料面やお休みの面でも簡単に満足させて差し上げる事は難しいのであります。

高齢で社会的弱者を雇う事が多い当業界では、
(自分が雇っているのではなく、お客様から依頼を受け雇わせてもらっている)
社員に対して、「雇ってやっている」的な言い方をしたり、
「お客様が当社の社員を犬猫のように扱う」と言いながら、
その実、自分が社員に対して「犬猫」のように扱っている管理者は多かったりするのであります。

人は、やっぱり、自分が人を喜ばせた数だけ、
喜びを返してもらったり、世間に返していただけるのであります。

社員がいつも他の社員を喜ばせようと「ワクワク」し、
また、その社員が、お客様を喜ばせようと「ワクワク」する会社が理想です。