社長室でもできること

2011.06.28

サラリーマン時代、営業の管理部門にいました。
CMの販売枠管理の担当をしていた時の話です。

1日のCM量は決まっていますので、当時それぞれのCMタイミングにつき、
東京、名古屋、大阪の各営業に配分していました。
(例えば、2分のCM枠なら東京4、名古屋2、大阪1、本社1です(15秒換算)

担当になって早々、タイムテーブルに、各CMチャンス毎に配分表を作る仕事がありました。
いつものように、さっさっと数字を書き各営業デスクに渡そうとしたら、
前任の担当者に注意されました。

「吉田さんの数字には、気持ちが入っていない」

彼は、自分とその前任の担当が書いた配分表を見せてくれました。
それは、太い鉛筆で力強く数字が書いてありました。
まるで「全部、きちんと売ってくれ」と配分表が言っているようでした。

それ以来、管理部門でも思いを込めれば、前線の営業と同じ気持ちになれる事に気づきました。

さて、本題。
定期的に社長室には、いろいろな書類がきます。
私が、一番心をこめて印を押すのは、入社書類です。

入社してくれてありがとうございます。
この会社で幸せをつかんで下さい。と心を込めて印鑑を押します。
面接できない社長でも、社長室から「念」を送っています。
ちゃんと感じて欲しいなあ。