下町ロケットを読んで

2011.08.02

久々に直木賞受賞作を購入し、読み切りました。
読み出したら、止まらず、朝、3時半まで読んでしまいました。

もともと、直木賞とすばる受賞の本は、できるだけ読んでいたのですが、
最近のは、面白くなく、最後まで読んだ事がなく、購入すら控えていました。
最近は、「買おうかな?」と思うのは、本屋大賞ぐらいですか。

今回は、面白かった。
舞台は、東京大田区。
ロケットのエリート研究者だった主人公が、
親の部品メーカーの後を継ぎ、度重なる経営危機に直面しながら、
ロケットを・・・です。(結末は言いません)

同じ経営者として、身にかぶる部分が多く、大変共感しました。
中小企業の経営者はこんなものです。

この本を読んで共感できる人、
是非、私の後継ぎになって下さい。