やるといったらやる

2011.11.11

TPPの結論を野田総理は1日先送りしました。
世の中を2分しているこの問題、
やるのであれば、「やるといったらやる」という
不退転の覚悟を示すしかやる方法はないのでしょうか?

識者の意見も2分し、私には、どちらが良いのかさっぱり判りません。
ただ、言える事は、リーダーは強いメッセージが必要という事です。

人口減少し、イタリアの何倍もの借金がある日本。
震災復興にも、ものすごいエネルギーがいります。
円高に対する施策もない今、
何も変化できないリーダーや政党は退場すべきでしょう。
(やるというだけで魂を入れられないリーダーも問題ありですが・・)

とにかく、「強いうちに変革を」です。