牛丼店に平時はない

2012.06.27

今日の日経新聞に吉野家の社長交代が載っていました。
20年ぶり、バイト上がり、43才だそうです。
標題は現社長が交代にあたって言った言葉です。

残念ながら、現在の日本に平時はありません。
若年層は減り続け、高齢者が増え続く。
全体として、人口は減少していくという状況は、
うれしくない状況です。

国内の総消費量は確実に減少していくなか、
あらためて「楽な会社はない」と実感します。

消費税が上がり、パートの年金制度も変わるようです。
苦しい状況になりそうですが
別に恐れる事はありません。
だって全員が苦しいからです。

変化を気持ちよく受け止めて生きていきたい。
そんな事を思いました。