任されても報告は必要なんです

2013.07.04

先日、会社でお客様から「任せた」と言われ、
本人が勝手にやって、(お客様から)怒られた事案がありました。

こういう事はたまにあります。
これも日頃が問題で、日頃から部下にまかせっぱなしの上司が
結果に対して無頓着な行動をし続けるとこんな事がおきます。

責任をとる事と行動する事は違うのであります。
任せる方は、自分でできないから誰かに任せるのです。
任された方はあくまで行動する事であって、
逐一報告する事は大変重要な事なのです。

サラリーマン時代、30才になった頃、非常に重要な仕事を任されました。
取締役の上司から「君に任せるけど、責任はわしがとる。どんな細かい事も報告してくれ。」
と言われました。
仕事が始まって早々、小さな出来事だと思った事を報告しませんでした。
だって、やっぱ雲の上の上司だから話しにくいのです。
めちゃくちゃ怒られました。

その後は毎日、何もなくても報告しました。
この報告は、私のサラリーマン人生最大の勉強でした。
いちいち上司の考え方が聞けて大変参考になりました。

起きた事は全部プラスにしたいですね。