信じる力

2020.02.04

毎朝BSにて朝ドラを見ています。

朝ドラが終わるのが7時45分なので車で出勤している私にはちょうど良いのであります。

朝ドラは、超高視聴率番組なので15分間でも演出や脚本にルールがあって

感動や笑いや涙などがが3分に1回程度おりこむようです。(知らんけど)

毎日視てると印象に残るフレーズはいくつもあって、以前宝塚を舞台にしたシリーズで

「笑顔とあいさつは宝塚の制服や」というフレーズをきいて、

「笑顔とあいさつはコニックスの制服です。」とキャッチフレーズにした事もありました。

今回のスカーレットでも印象に残るフレーズがありました。

何度も窯焼きに失敗し、旦那さん(八郎)に「もうやめろ」と言われ、

主人公が言った言葉が「八さんに足りないのは信じる心や」でした。

「信じる心」は事業を行う時に大変重要な事ではないでしょうか?

事業とは教科書のない世界ですのでいつもうまくいくかどうかわかりません。

そんな時うまくいくと信じてうまくいくように工夫したり改善する事。

たとえいろいろな困難があってもあきらめないでとことこんまでやる。

あきらめる人に絶対にたどりつけないのが「成功」でないでしょうか?