奇跡のレッスンを見て

2020.07.27

久しぶりです。

コロナ禍で時間はありましたがネガティブな事書くとつまらんと思い書いてませんでした。

4連休が終わりました。コロナ感染者が大量にでてますので、この4連休はほとんどどこへも行かず、晴れ間をぬって散歩していました。

そんな、時間のあるなかテレビでNHKの「奇跡のレッスン」を見ました。

コーチはフィギュアスケートのハビエル・フェルナンデスでした。

印象に残ったのは、「スケートを楽しむ」という言葉でした。

昔、クラブ活動なんかでつらい経験をしていたので、練習を楽しむなんてきれいごとだと思っていました。

しかし、今では納得します。何事も「好きになる」「楽しむ」が一番大切なのです。

自分で一番実感するのは仕事です。

サラリーマンの時もそこそこ仕事は楽しかったのですが、いつも気にしていたのは自分の評価や給料です。

コニックスに入社し、仕事や当社の社員が好きになってしまったので、お金じゃなく、喜ばせるが第一になってしまいました。

中小企業ですので定期的に、社員やお客様に対して絶望的な気持ちになる事があります。

でも、これも好きだから乗り越えられるのであります。

お金は後からついてくるし、結果は常に日頃の自分の集大成だという事です。

「好きになる」「楽しむ」はすべての基本ですね。