オリンピックの醍醐味

2010.02.18

より早く、より高く、より強くがオリンピックの理念であり、
100m走のようにそもそも身体能力に差があれば、
勝負にならない事もありますが、

私のオリンピックの醍醐味は、
・小が大をやつける。
・弱が強に勝る。ことに感動する事です。

そういったなかでメダルも取れなかったのに、
晴れ晴れしく「楽しんだ」などと言う選手には、
違和感を思います。

国旗も掲揚せず、君が代も歌わず、卒業式でも仰げば尊しなんて
歌わない世の中です。
正しい歴史も教えず、ゆとり教育で競争をいましめた結果でしょうか?

明治以降、弱小国日本を支えてきたのは「坂の上の雲」の精神です。
目標も無く、勝ち負けも気にせずに「成長」なんてあるのでしょうか?

このオリンピックを見ても残念ながら、隣国の韓国や中国にその精神は移ったようです。
韓国なんて、かつて日本人より2cmぐらい低かった平均身長が
今では2cm以上高いようです。

競争と変化を忘れた「ゆでがえる」にならないように気をつけなければ・・・
と思います。