社長日記

昨日は、新入社員が2名入社しました。中途採用です。
ありがとうございます。頑張って下さい。

新入社員が入社した時は、一応、私から
会社の歴史や方針を伝えます。(約1時間)

あとは、年齢や職種によって違いますので話すことは
まちまちです。
今回は、女性事務社員と37歳の営業社員でした。

営業社員に対しては、私自身が当社に入社したのが35歳でしたので
話しながら、初心に帰る思いでした。

当時思った事は、新卒社員に比べ13年差がある事を一刻も早く縮める事と
他社で13年頑張った経験を生かす事です。
さしあたって後者の件は、サラリーマン当時尊敬していた上司のまねをして
「全員とメシ食おう」(当然僕のおごりで)でした。
本社の人間全員を誘って、半分は来てくれませんでした。

失敗のほうが多かったその後の20年ですが
自分の成長に対して貪欲であることは、
人生を楽しむ秘訣だと思います。

今月の社内報に「必笑」の話を書きました。
これは、この夏、甲子園を沸かせた星稜高校のキャッチフレーズで、
常に、「笑顔」。ピンチになるとみんなで「笑顔」。
なんか大変違和感がありました。

これは、東海大学の高妻教授(スポーツ心理学)が提唱している理論で、
学生の実験では、笑顔で行うと投球では平均12キロのアップ、
100m走では0.12秒の短縮につながったそうです。

笑顔には、リラックス効果、集中力アップ、プラス思考効果等
いろいろな効果があるそうです。

いつも当社でも提唱している笑顔ですが、笑顔にはすばらしい効果があるのです。
さしあたって、私はパターの時、笑顔で打つ事を試してみます。

あんまり面白そうなので、高妻先生の本を2冊買いました。
コニックスの文庫にあるから、社員は読んで良いよ。

9月になってしまいました。
8月30,31日と24時間テレビにどまつりと夏休み最後のイベントが行われました。
コニックスは、今年も24時間テレビを協賛しました。
今年も指定管理者の一員としてお世話になっている施設で、
豊橋のこども未来館ココニコです。
天気も上天気で大盛況で終わりました。

今年は、武井壮とにわきみほはじめたくさんのタレントが来て、
募金を盛り上げてくれました。
当社社員の全力投球で来場者を盛り上げました。
ゲキ暑のなか、ありがとうございました。

多くの指定管理者の物件でイベントを行っているので、
コニックス村と銘うった広場では、楽しい催しができました。
ありがとうございました。
来年も協賛できるよう、みんな頑張ってね。

p.s.
次女が所属している名古屋学生チーム「鯱」が
昨日、どまつり大賞をとりました。
これまた、おめでとうです。

9.10日は台風でした。
10日の朝は家が揺れるような風の音で目が覚めました。
また、朝から各支店長から全員出勤の報告がありました。
ありがとうございます。
危ない思いをして自転車で通勤してないかと心配しつつ、
一安心です。

当社は365日、24時間ですからスタッフは大変なのです。
場合によっては、支店に泊まり込んで
出勤支援をする者もいます。
「掃除でそこまでする?」という意見もありますが、
この気持ちが現場の「やりがい」のひとつなのであります。

まずは、コニックス災害支援隊のみんなに「感謝」です。

イベント好きのコニックスは、夏は大忙しです。
先週、先々週は、スケートのザアイスとディズニーオンアイスに
行ってきました。真夏に震えながらの観戦は不思議な気持ちです。

さて、標題は、植松電機の植松社長の本を読んでいたら
でてきた言葉です。
要は、必要なこと、有効なことに使ったお金は減らないという事です。
教育に使ったお金、良い道具に使ったお金、
働きやすくなる環境に使ったお金、少しばかりですが増やした給料・・・
それらに使ったお金は減りません。
増えて帰ってきます。

利益が出た時、いつも思っている事は、
やっと、欲しかった物が買える、です。
それは、人であったり、ものであったり、いろいろです。
社員のみんな、欲しいものがあったら言って下さい。
一応覚えておくから。