社長日記

7月19日豊川の職業訓練校にて
第36回障害者技能競技会が行われました。
ビルクリーニングの部にて、当社社員が銅賞を獲得しました。
おめでとうございます。

愛知大会にてビルクリーニングの部がはじまって以来
5,6回目でしょうか?
毎回参加しています。
そしてほぼ毎回銅賞か銀賞をいただいています。
(なかなか、金賞の壁は厚いのです)

しかし、感動するのは、選手がこの競技に参加するため、
たくさんの仲間が協力してくださることです。
日ごろと少し違うやり方で作業の手順を覚える事は、
特に障害のある方にとって大変な事なのです。
根気強く練習することで賞獲得レベルまでいくのであります。

支店長時代障害者を雇ったら、
責任者から「倍、働かなくてはいけないから、やめてくれ」と
言われてから10年。
今では、多くの現場が障害者を受け入れられるようになりました。
時代と会社の変化に感謝です。

競技後は恒例の豊川稲荷の参道にある鰻やで慰労会。
楽しい時間でした。
また、来年の頑張りたいです。

各国の真剣勝負が見る事ができたワールドカップが終わりました。
ドイツは強かったですね。
全般的に攻守の切り替えが早く、面白い試合が多かったですね。

終わってみて、気になった事2つ。
・ひとつは、審判のむつかしさ、です。
  特にPKは非常に難しい。何本もダイブしたようなシミュレーションを
  PKにしてましたね。これは、何とかならないのかなあ。

・二つめは、放映権料の高さ。なんと400億だそうです。
  弱い日本の開幕戦が唯一現地22時になったのも超高額の放映権料を
  払ったからですか?国民が稼いだお金を無駄に高くFIFAや代理店に
  支払う必要があるのでしょうか?それよりも選手の強化でしょ。
  ドイツは、ブラジルの拠点に32億円もかけて施設をつくったようです。
  やっぱ、強いところは理にかなっていますね。

さあ、次回はロシアですか。次回は良い試合がみたいものです。

今朝、アルゼンチンがPKで勝って、ワールドカップの決勝は
ドイツとアルゼンチンになりました。
しかし、ブラジルの昨日の負けは衝撃的でした。

今大会のひどい試合は、
オランダ-スペイン、ドイツ-ポルトガル、日本戦3つでしたが、
これもいれなくてはいけません。

しかし、なんでコロンビアに勝ったブラジルがこんなダメな試合をしていまったのでしょう?
思い出したのは、トランプの大富豪です。
最強カード2枚と最低カード2枚入れ替えるだけで手はがらりと変わるのであります。

会社も同じであります。最強カードが2枚去る事を
いつも準備しておかなくてはいけません。
去った時の対応は日ごろから最強カードに頼らず、
個々が力をつけることしかないでしょうね。

日本代表コロンビアに負けました。
それも8人も主力を入れ替えたチームに。
点差は攻めた結果ですからしかたないけど完敗ですね。
相手10番のロドリゲスに球がくるとパアーと展開が開けていくのと
本田や香川に来たボールが簡単に奪われ失点につながっていくのでは
雲泥の差でした。

今回の各国代表の選手の市場価値は、
1位スペイン935億、2位ドイツ845億、3位ブラジル703億・・・・、20位日本157億
だそうです。
ちなみにコロンビア490億、コートジボワール234億、ギリシャ150億だそうです。
(もう一つちなみにCグループの合計は8グループ中最下位だそうです。)

いずれにしても楽しい4年間でした。(結果は悔しかったけど)
4年後は、もっと良い思いをしたいものです。

先週末から数日上海に行ってきました。
ビルメンのアジア大会のためです。
初上海でした。
大きな町でした。
高層ビルは、東京並み(以上かも)に乱立し、人口も1600万人だそうです。
上海万博の広大な跡地もまだそのままでした。
これからもっと発展する勢いを感じます。

こんなジョークがあります。
何か悪い事をする時、
欧米人は、神様がみてる。
日本人は、世間様がみてる。
中国人は、俺様だけ。

いずれにしても、伸びていくアジア諸国に対し、
日本はどのように発展していくか?
これは重要なテーマですね。