社長日記

表題は何の事かわからないかもしれません。

いつも会社で言っているのは、(例えば)「清掃するんじゃないよ、清掃して喜んでもらうのが目的だよ。」

という事です。

頼まれ事は、頼まれ事をするのが目的ではありません、頼まれ事を行うことによってどうなって欲しいのか

(もしくはどうなるか)をイメージする事が大切なのです。

例えば、警備員の巡回にしてもあほみたいにいつも「異常なし」で信用されるのでしょうか?

たとえ、業務と直接関係ない事でも何か書けば、逆に巡回点検業務が信頼されるのではないでしょうか。

言われた事を言われたように「やればいいんでしょ」的な仕事はせっかく行ったのに「感謝」も「感動」も

されず、逆に「怒り」さえ買う事があります。

自分の一つ一つの行動、それをすることによって相手に喜んでもらっているかを常に意識することが我々の

仕事には大変重要だと思います。

 

コンビニ等でレジ袋が有料化され、しばらくたちます。

私自身、ほとんどレジ袋を買うことなく、手持ちで、片手で持てるだけの購入に切り替えました。

エコバッグを使用する事で万引きやレジでの滞留も問題になっているようです。

しかしながら、それよりも釈然としないのは、環境に良くないとされるレジ袋を有料で買わされる事です。

同じ買わされるなら、環境に良い物にされたらどうなんでしょうか?

そっちのほうが納得感があります。

お金払えば、環境に良くないものを購入できるというのは、…です。

ちなみに赤のれんはエコバッグ禁止で無料のバイオマス25%配合のレジ袋で以前と変わりありません。

コンビニももう少し考えたらどうでしょう?

 

この数日、お客様やお客様の家族、社員の家族が濃厚接触者になるケースが

頻繁にでてきて落ちつきません。(感染者はいないようですが…)

3,4月の流行では、1件もなかったので、いささかびっくりしています。

PCR検査ができる数が増えてきた事も要因でしょうが、もうすぐ

そこらじゅうに蔓延しそうな勢いです。

会社でもあらためて、感染対策をまとめました。

そんななか、気になるのは、もし感染した時のまわり気持ちです。

もう残念ながら、感染した場合は、かぜやインフルエンザにかかった時と同じだと思わないといけないでしょう。

いくら、注意してもうつる事はあるのです。

感染が怖いといってもバスの運転手は休むわけにいかないのです。

我々の仕事も一緒です。社会的なインフラを支えている仕事です。

万が一感染しても冷静に対応していきたいと思います。

社員の皆さんご心労おかけしますが、できる対策はきちんとして、身を守って下さいね。

 

久しぶりです。

コロナ禍で時間はありましたがネガティブな事書くとつまらんと思い書いてませんでした。

4連休が終わりました。コロナ感染者が大量にでてますので、この4連休はほとんどどこへも行かず、晴れ間をぬって散歩していました。

そんな、時間のあるなかテレビでNHKの「奇跡のレッスン」を見ました。

コーチはフィギュアスケートのハビエル・フェルナンデスでした。

印象に残ったのは、「スケートを楽しむ」という言葉でした。

昔、クラブ活動なんかでつらい経験をしていたので、練習を楽しむなんてきれいごとだと思っていました。

しかし、今では納得します。何事も「好きになる」「楽しむ」が一番大切なのです。

自分で一番実感するのは仕事です。

サラリーマンの時もそこそこ仕事は楽しかったのですが、いつも気にしていたのは自分の評価や給料です。

コニックスに入社し、仕事や当社の社員が好きになってしまったので、お金じゃなく、喜ばせるが第一になってしまいました。

中小企業ですので定期的に、社員やお客様に対して絶望的な気持ちになる事があります。

でも、これも好きだから乗り越えられるのであります。

お金は後からついてくるし、結果は常に日頃の自分の集大成だという事です。

「好きになる」「楽しむ」はすべての基本ですね。

 

辞令式で言った事を少し書きます。

ビルメンテナンス業界は大変恵まれた業界で発生して65年ぐらいになりますが

60年連続増収増益という会社もめずらしくありません。

途中一般競争入札やリーマン等の荒波もありましたが、当社もずっと右肩上がりでありました。

それは、当社が頑張っただけではなく、お客様が拡大し、当社が追随し、同様に拡大した事が圧倒的に

大きい部分です。私が入社した25年前と比べると倍の大きさになった病院、学校、官公庁施設は、

本当にたくさんあります。

このコロナショック後は確実に戻らないと思います。

なぜなら、人口が減っていく日本で施設の数が増えることはまず考えられないからです。

また、人がやらなくていけないという必然性がないサービスはなくなっていくと

思われるからです。

先日、当社では、「まだ使えないなあ」という結論になっているソフトバンクのお掃除ロボット

がゴルフ場で使われていました。毛足の長い高級カーペットは、清掃するだけで一苦労なのです。

少なくとも人が歩く動線だけでもロボットにやらせるのは、今後効果的になっていくでしょう。

人を教育していく事で他のBM会社より評判の良かった当社のサービスも今後は、

人の数を増やす事によって売上を増やす事は難しくなると思われます。

今後は、人の数を増やさずに伸ばせる売上を増やしていけるかが勝負でしょう。

皆さんよろしくお願いします。