社長日記

私の情報源は、まず中日新聞の地元情報と日経新聞を読む事から始まります。
昨日、今日とびっくりする情報が載っていました。

・グッドウィルの折口氏破産
・レナウン再建の道険しい
・生活創庫新店舗
・ダイエー売上1兆円切り・・

グッドウィルさんは業種が近いのでいつも注目していました。
物を売るのではなく、人間が行なうサービスを売る業種に携わるものとして
人の心とスキルの教育は大変難しい問題です。
何であんなに急成長できるのだろうと不思議に思っていました。
やはり、人間相手の商売は難しいのであります。

レナウン、ダイエーの落日の様相は大変残念であります。
ダイエーなんぞ、かつて3兆円の企業が瞬く間に1兆円を切りました。
かたや新興企業は消費低迷の世の中でも元気です。

記事から思う事は、
なんで企業は変われないのだろう?と言う事です。
大企業や老舗企業は、人、物、金で有利なはずなのに「CHANGE」できないのは何でしょう?

「CHANGE」できないものは市場から去るというのは、
変わり目の日本に住むものとして大変重要な認識でしょう。

標題は、中学生の時出会った本の言葉です。(たしか筆者は桜木健古氏)
当時、不眠症で悩んでいた事がありました。
特に試験前になると眠れずに、試験中眠くなったらどうしようと心配ばかりしていました。
そんな時、出会ったのが標題の言葉です。

「眠れないとくよくよ考えるよりも、眠れないなら起きてやろう、と思えば良い。
限界まで起きてやろうと思ってもいつかは寝るものだ。
起きていれば、いっぱいやる事ができる。・・・」

この出会い以来、私は逆の発想が大好きになりました。
ピンチはチャンス。チャンスはピンチ。
逆の見方をすれば、いろいろな困難や心配事も気が楽になります。

今を受け入れ(人のせいにせず)、(変化できる)未来のなりたい自分に思いをはせる。
人間、強気にいきたいものです。

今回の選挙でうれしかった事のひとつが
城内実氏(静岡7区)の当選です。
前回の郵政選挙の戦いっぷりがカッコよく注目していました。

今回、大差で当選されました。
民主の風が吹かなかった選挙区の一つです。
やはり、天は見捨てないのであります。
全く縁もゆかりもありませんが、随分勇気づけられました。
「あきらめない」者が一番強いのであります。

今回、自民党で立候補して落選された方の中にも
「これは」と思う優秀そうな候補者はたくさんいました。
あきらめずに頑張って下さい。

当選された方、良い国を創って下さい。

選挙が終わって、早や4日たちました。
結果には、びっくりしましたが、頑張って下さい。

衆議院は115人が308人と193議席増えました。
さしあたって会社で考えると100人の会社が新人200人雇って
仕事をするようなものです。
いくたの困難があるでしょう。
しかし、国民はしがらみがあり、隠したり、直す事のできなかった自民党を
選ばなかったのであります。

私なら、さしあたって第一に行なう事は議員の定数削減と議員年金の是正からやって
「本気」と「痛み」をしめしたいですなあ。

イベント大好きなコニックスは、夏の土日は大忙し。
各地のプール監視に指定管理物件のイベント。
そして、テレビ局さんのイベントのお手伝いと大忙しです。

特に今日、明日は大変です。
私も朝からスカイワードあさひのイベントの激励。
昼からはスマイル2級の講座(社員教育です。詳しくはHP、スーパーマイスター)の社長挨拶。
その後、24時間テレビ、ど真ん中まつりに激励と
最後の熱い名古屋を満喫してまいりました。
(明日はまた選挙で大変だ)

しかし、よさこいソーランに触発されて、実施されているど真ん中まつりは、にぎやかですねえ。
やはり日本人は踊りが好きなのであります。

清掃、警備、ドライバーなど、各イベントにお手伝いさせていただけるのは本当に幸福であります。
現場の皆さん、
安全でお客様が気分が良くなる仕事をよろしく。