自分が進んできた道は間違っていなかったと確信した。