東北震災 ボランティア

東北震災 ボランティアツアーに参加

平成23年3月11日に発生した東日本大震災。被災された方には、心からお見舞い申し上げます。
コニックスでは東海支店、半田支店のスタッフが、被災地でボランティアを行うために、ボランティアツアーに参加しました!

活動スケジュール ●10月7日(金)
名古屋市内 東別院を夜7時に出発。

●10月8日(土)
朝8時に被災地入り。壊滅した小学校など、現地の被害の様子を見学したあと、宮城県石巻市十八成浜知地区で、朝9時からボランティア開始。
~がれき撤去など~
夕方4時、ボランティア終了。ミーティングを行って夕方5時に現地を出発。

●10月9日(日)
朝8時 名古屋に帰着。解散式が行われました。

全体の参加人数 57名(12歳~71歳、うちコニックススタッフ3名)

震災ボランティア

ボランティアに参加して・・・

本格的なボランティアには初めて参加しました。57人乗りの大型バスに定員一杯の57人が、補助椅子まで使って乗り込み12時間以上かけて宮城県に向かいました。12歳の子どもや、週末を利用して7回以上もボランティアツアーに参加している方もいて、正直驚きました。

明け方に被災地に入りましたが、周囲の風景は一変。テレビで見る以上に現地は酷いものでした。見学した谷川小学校は、児童は避難して全員無事だったものの、津波が2階建ての校舎をすべて飲み込み、瓦礫と化していました。
私たち3名は瓦礫の除去作業を行いました。畑に大きな石が流れ込み、農作業ができなくなってしまった老夫婦の畑で、1日石を取り除く作業を行いました。
被災者の方と休憩の時間に話すこともできました。津波が押し寄せたとき、車に乗っていて、紙一重で命が助かったそうです。津波はコンクリートの壁が押し寄せるような、凄まじい破壊力だということも聞きました。

「何かをしよう」と思って参加した今回の震災ボランティアツアーですが、「学ぶこと」の方が多かったように思います。新しい考え方も芽生え、大きく成長できました。
コニックス参加者代表 東海支店 塚本

一覧に戻る