事業のご案内

インタビュー ~仕事に対する思い~

女性活躍推進

Q:みなさんは今どのような業務を担当されていますか?

大日向:私は総務本部で事務員の業務指導やとりまとめ、広報、イベントの企画をしています。社長秘書業務もあり、業務は多岐にわたります。

渡邉:今年度、大日向さんが女性として初めて管理職になりましたよね!私は総合職で、主に現場管理や営業活動を行っています。忙しいけど日々充実してる!

池淵:私も総合職で、主に社員の教育・研修制度運用に携わっています。営業活動では提案書作成やプレゼンも行いますし、新規プロジェクトを立ち上げたりと、やりがいを感じています。

野々山:私は事務で経理関係全般を担当していて、売上や収支管理、様々な書類作成をしています。

Q:妻・ママとして、コニックスの働きやすさはどうですか?

大日向:私も育休を2回取得し、今子どもは小学生です。授業参観などのの行事の際は、前もって調整すれば平日に休むことは全然出来てるし、むしろ「そんな日に出社するな!」って勢いすら感じるよね(笑)

野々山:私が育休を取得したのはもう10年も前です。制度もそうだけど、何より同僚の理解がものすごくある!急な早退や欠勤に対しても「お子さん大事にね」「残った業務はやりましょうか?」と言ってもらえ、本当に感謝しかありません。

池淵:私は2回育休を取得し、現在9時~16時の勤務です。コニックスは産休、育休、時短勤務の制度がしっかりしているので、ママとして本当に働きやすいと感じています。

渡邉:私は夫と二人の生活なのである程度自由が利くし、メリハリをつけて働くことが出来ています。3人の話を聞くと、出産後の働き方もきちんと会社はフォローしてくれてるんだなって安心しますね。

Q:家事・育児と仕事の両立で、苦労話とかありますか?

渡邉:私は本当に思い当たらないな…仕事の苦労話は多いけど(笑)ワークライフバランスは意識できていると思います。お子さんがいる方はどうですか?

池淵:私は東京に泊まりで出張したときに、息子が38度の熱を出しました…そばにいてあげられず、申し訳なかったなと思います。

野々山:子どもあるある、だよね。休めない日に限って急病だよね。

大日向:私も仕事を優先しなければいけない時期があって…子どもたちと触れ合う時間もその時少なかったので、今はきっちり定時退社!

妻・ママとして、働くうえで意識していることはなんですか?

大日向:仕事も育児も家事も、息抜きするときは息抜きする!全部一生懸命やろうとすると自分が潰れるわっ!

一同:ですよね~!!!!!!

渡邉:常に「お客様優先」の仕事を意識しているので、残業はあるし休日出勤することもあります。でも夫も理解してくれてるし、帰宅が遅い日は夫が食事を作ってくれたりもするので助かっています。休みの日は二人でまったり過ごしてリフレッシュ出来てるし、メリハリが大切ですね。

池淵:有給は比較的取りやすいのですが、様々なプロジェクトに参画していると、会議などでどうしても休めないことがあります。 そういうときはフレックスタイム制度を活用し、早めに帰宅して子どもを病院に連れていくなど、自分なりに工夫して、仕事と育児を両立するよう意識しています。

野々山:私はこの10年間、16時までの時短勤務を継続させてもらっています。育児に配慮してくれる同僚や上司への感謝の気持ちを踏まえ、「短時間で仕事を効率よく終わらせよう!完璧な仕事をしよう!」と常日頃意識しています。

大日向:事務職も総合職もチームで動く、という意識が強いから、どんな立場であっても周りへの感謝は忘れちゃダメだよね!

2019年2月25日 インタビュー

一覧に戻る